TOP > 日産「デュアリス」受注1万台超え
 ← 須藤元気「試合はもういいですね」現役復帰予定はなし | TOP | 世界最小二足走行ロボ 連続駆動、1時間にアップ

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


日産「デュアリス」受注1万台超え 

2007年07月07日 ()

いやあ~。しゃれた車ですな。

 

ガイド:国沢 光宏
掲載日:2007年02月28日

デュアリスの乗り心地に驚愕!

国産車」    ガイド:国沢 光宏  このページをクリップする

 

欧州産の日産SUV

デュアリス外観
欧州で企画・開発されたデュアリス。 トヨタRAV4とオーバーラップするボディサイズを持つ

5月下旬に日産から「デュアリス」なる2リッタークラスのSUVが発売される。 早い時期からヨーロッパのモーターショーで発表されていた「キャシュカイ」と全く同じクルマなのだけれど、 日本語ではあまり良くない音感だということなのだろう。日本仕様のみデュアリスという車名を使う。

ボディサイズは全長4310mm×全幅1780mm。RAV4の4335mm×1815mmの大きさをイメージして頂ければいい。 ヨーロッパで先行発表されたことからも解る通り、基本的に外国向けのモデルとして企画&開発されたという。 開発や生産までヨーロッパ主体だというから気合いが入っている。果たしてどんなクルマか? スペインで試乗してきたので紹介したい。

シフトアップが難しい!?

デュアリス走り
走りの印象は上々。 とくにエンジンの質感と乗り心地のよさに舌を巻く

試乗車はセレナなどに搭載されるMR20エンジンと、日本仕様に設定の無い6速マニュアルミッションの組み合わせ (日本仕様はMR20+CVTのみになる)。試乗する前にザックス製のダンパーを採用していると聞いて驚く。ザックスというブランド、 F1やWRCを始め、ベンツやBMW、ポルシェに純正採用されており、圧倒的な性能を持つことで知られてます。 日本で販売される日本車に採用されたの、初めてじゃなかろうか。

走り出すと一度に二つ驚いた。エンジンの質感と乗り心地の良さである。まずエンジンから。 セレナやラフェスタと同じMR20と思えないほど滑らかで静かなのだ。ウソや誇張無く、 マニュアルミッションだとシフトアップのタイミングを掴みづらいほど。

普通、マニュアルでシフトアップする時って振動や騒音の上昇を目安にするが、どちらも変化しない。タコメーター見て「あらら!  こんな回ってるのね!」。高回転域まで引っ張っても気持ちよい。排気系を全面的に作り直し、エンジンマウントを硬くしたと言う。振動& 騒音の低いエンジンはマニュアルよりCVTの方が合うので、日本仕様に期待しておく。

デュアリス内装
試乗車は6MT車。 実際に日本に導入されるモデルはCVTミッションとなる

 

ホメるべきはダンパー&ボディ

デュアリス・コーナリング
高性能ダンパーと剛性の高いボディが魅力。 コーナリングでのロールも少ない


絶対的な性能も十分! 最高速は190km/h近いし、ボディの軽いFF仕様なら(4WD仕様も選択可能)、2リッター乗用車と同じくらい元気良く加速。日本の交通モードならスポーティに感じるかもしれない。

エンジン以上に驚いたのが乗り心地である。ヨーロッパ域内の高い走行速度に対応すべく、減衰力をキッチリ確保してあるハズなのだけれど(実際コーナーでのロールなどSUVとしては少ない)、全く「硬さ」を感じないのだ。このあたり、ベンツやBMWと共通する乗り味。

考えてみれば路面からの入力を吸収する際の特性を作り出すのは100%ダンパーの役割。食べ物で言えば刺身みたいなもの。素材の良さで乗り味が決まってしまう。だからこそ一流と呼ばれるメーカーは多少高価でもザックスのダンパーを採用しているのだろう。

日本車の車体設計技術を見ると、ここ10年くらいで大幅に向上した。今やヨーロッパ車に負けないボディ剛性持つ。そいつにザックスのダンパーを組み合わせれば、もはやベンツやBMWと同等の乗り味になって当然か。日本で発売されたらぜひとも試乗して欲しい。ザックスの素晴らしさが解ります。

さて、いくらになるのか……

デュアリス・リアスタイル
全長×全幅×全高4310×1780×1610mm。 駆動方式はFFと4WDを用意する


参考までに書いておくとシートもプジョーやルノーなどを作っている工場製(ブランドは日本のもの)。座るとこれまたヨーロッパ車のように快適だし疲れない。

気になる価格はどうか。キャシュカイの価格を聞くと「2リッターのFFで2万ユーロ前後です。日本円に換算すると320万円ですね。もちろんそんな価格で売れると思ってません。日本ではエクストレイルくらいの設定にするつもりです」。

日本仕様が発売されたら、実用燃費を含め再び紹介したいと思う。

【関連リンク】
日産自動車ホームページ
日産お客様相談室 0120-315-232



「国産車」では、メールマガジンで、記事アップのタイミングをお知らせしています。ぜひ下記よりお申し込み下さい。
「国産車」メールマガジン申し込み、バックナンバー一覧

 

 

ガイド:国沢 光宏
メールマガジン登録ページへ

国産車」ガイド: 国沢 光宏
ベストカー編集部に就職。3年後に独立し、以来フリー。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。 KUNISAWA.NET運営中。 過去の試乗記やニュースなどが評判。掲示板は専門家も多く、 疑問や質問に対しての回答は99%得られる。

 

記事一覧

7月7日8時32分配信 フジサンケイ ビジネスアイ


 日産自動車は6日、5月に発売した新型SUV (スポーツ多目的車)「デュアリス」の受注台数が発売後1カ月半で1万163台と1万台を超えたと発表した。 月間の販売目標2000台を大幅に上回る好調なペースとなっている。

 購入者は30歳代と50歳代の男性がいずれも2割前後を占め、当初想定した販売ターゲットから好評を得た。 購入者の約3割が他メーカー車からの乗り換えといい、国内市場で低迷している日産の顧客獲得に貢献している。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070707-00000023-fsi-ind&kz=ind

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.07.07(Sat) 14:22] 投資関連Trackback(0) | Comments(1)
↑TOPへ


COMMENT

裕木奈江の問題のベッドシーンとヌードをじっくりと。 by 裕木奈江の問題のベッドシーンとヌードをじっくりと。
裕木奈江がデイヴィッド・リンチ監督の最新作「インランド・エンパイア」のラストシーンに重要な役で出演している。

http://www.ichigo-blog.com/b/nae01.html


驚きですね!裕木奈江といえば、映画「おしまいの日。」のベッドシーンが反響を生んで、結果的に芸能界から干されることになりました。

http://www.ichigo-blog.com/b/nae01.html

コメントを閉じる▲

 ← 須藤元気「試合はもういいですね」現役復帰予定はなし | TOP | 世界最小二足走行ロボ 連続駆動、1時間にアップ

COMMENT

裕木奈江がデイヴィッド・リンチ監督の最新作「インランド・エンパイア」のラストシーンに重要な役で出演している。

http://www.ichigo-blog.com/b/nae01.html


驚きですね!裕木奈江といえば、映画「おしまいの日。」のベッドシーンが反響を生んで、結果的に芸能界から干されることになりました。

http://www.ichigo-blog.com/b/nae01.html
[ 2007.07.07(Sat) 20:42] URL | 裕木奈江の問題のベッドシーンとヌードをじっくりと。 #BaVqJGy6 | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://yahoodailynews0.blog110.fc2.com/tb.php/186-f704ff58
 ← 須藤元気「試合はもういいですね」現役復帰予定はなし | TOP | 世界最小二足走行ロボ 連続駆動、1時間にアップ

フリーエリア

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。